排卵検査薬は『尿の濃度』に敏感

排卵検査薬で妊活する人は尿の濃度が薄まると正確な判定が出来なくなるので、暴飲には要注意です!
暴飲によって水分量が多すぎると尿が薄くなって排卵検査薬の結果に悪影響を及ぼします。
タイミングが合わなければ、やっぱり排卵検査薬を使ったって意味がありません。
よく水分を取り過ぎてしまう人は考えないといけません。
検査の2、3時間前には出来るだけ水分量を控えた方が、正確な判定が出ると言われています。
尿が薄まり過ぎないように、水分摂取量には気を付けましょう。
そしてタイミング法で妊娠が出来ないとなると、今度は人工授精に進むことになります。
人工授精は1回2万円~3万円かかり、5、6回を目途に挑戦する人が多いそうです。
そして、人工授精でもダメになると、今度は体外受精です。
不妊治療でも高額と言われている治療方法の一つで、1回につき30万円~50万円がかかります。
体外受精までくると、本当にお金がかかりますね。
経済的に厳しい状況の人は、やっぱり体外受精を受けるかどうか悩むことになります。
人工授精までだったら、誰でも出せる金額ですが、体外受精となってくると、やっぱり払える人と払えない人が出てきますからね。
妊活の分岐点になりますね。

排卵検査薬を使う時にお酒はNG?

排卵検査薬を使う時って『お酒』を飲んでいいのか悩みます。
でも実は、お酒って成分自体が排卵検査薬に悪影響を及ぼすわけではないので、特に飲んではいけないっていうわけではないんですってね。
むしろ、問題なのは『水分量』。
排卵検査薬で陽性反応の大きなカギを握っているのは『尿』だからです。
尿の濃度が薄まれば陽性も陰性と排卵検査薬で判定されてしまいます!
お酒は禁止ではありませんが、検査をする2、3時間前には水分量を控えることが大事だと思います。
妊活と妊娠中の期間を足したら、凄い時間がかかる可能性がありますので、やっぱりお酒は飲める時に飲んでおいた方が良いと思います。
通常は、妊活って2年くらい続ける人が多いですが、中には5年とか10年続ける人もいます。
5年も10年も断酒するのはきついので、やっぱり妊活中くらいは、適度にお酒を飲むのも良いと思います。
飲酒は妊娠中にやっぱり避けたいので、妊活中に上手く付き合っていくことが大事だと思います。
お酒は絶対にダメっていうわけではないので、飲める時に飲んでおくのが良いですね。
妊娠中は、早産や死産などの原因になってしまうことがあると指摘されているので、やはり避けるべきです。

 

排卵検査薬の使い方は人それぞれ

排卵検査薬を使うって尿の採尿をしてから使うか、そのまま排卵検査薬に尿をかけるか、悩みます。
尿を直接かけるタイプだと、排卵検査薬に尿がかかるのが不十分になってしまうと、失敗してしまうのであんまりおすすめできません!
排卵検査薬の失敗って、尿不足が結構多いですからね。
十分に排卵検査薬に尿を浸すには採尿の方がおすすめです。
排卵検査薬を無駄にすると、やっぱりお金がもったいないです!
少しでも排卵検査薬を安く済ませたいのであれば、やっぱり無駄にしない使い方を身に着けるのが大事ですね。
生理周期が乱れている人は、少しでも生活習慣を見直し、しっかり生理周期を安定させることを考えましょう。
どうしても生理周期が乱れている場合、かなり強いストレスやプレッシャーを、知らぬ間に受けている可能性はありませんか?
ストレスがプレッシャーによって、生理周期が乱れて、なかなか妊娠できないと言う人もいるんですよ。
そういう人は、仕事が原因であれば、仕事を辞めることが妊活にとって有効手段になったりします。
心身ともに健康でないと、やっぱり子供は出来ないので、ストレスやプレッシャーによって生理周期がなかなか整わない場合は、一度病院に相談しても良いと思います。

 

排卵検査薬で失敗する原因とは?

 

排卵検査薬で失敗する人は、尿不足のケースが目立ちます。
排卵検査薬で尿不足になって失敗する例は、直接テスターに尿をかけてみたものの、的中せずに途中で足りなくなってしまう例です。
そういう尿不足を避けるのであれば、排卵検査薬はやっぱり容器に採尿してから浸す方が間違いがありません。
尿不足になってしまうのが、一番排卵検査薬では最悪です。
また、尿は朝一番だと尿の濃度が濃すぎて偽陽性になる可能性もありますので、出来るだけ避けた方が無難ですね。
私の友達に妊活で見事に赤ちゃんを産んだ人がいますが、その子は病院と掛け持ちすることで上手くタイミングを合わせることが出来たと言っていました。
ただ、友達はこれまで病院を何度か変えており、病院との相性っていうのをすごく指摘していました。
病院を変えた途端に子供が出来たっていう人もいますし。
やっぱり話しやすい医師に相談することによって、妊活は上手く行くようですね。
排卵検査薬では具体的な排卵日まではわかりませんが、病院だったら卵胞検査で、本当に排卵が起きたのかどうかもわかりますからね。
自分で行うタイミング法に限界を感じた場合は、一度病院に頼ってみても良いかもしれませんね。

排卵検査薬は採尿派?

 

排卵検査薬に必要な尿を採取する時、使い捨ての紙コップを使用する人もいれば、何度でも洗って繰り返し使える容器を準備するか分かれます。
排卵検査薬はやっぱり尿を採取して使ったほうが、尿不足で失敗することがないので安心です。
これまで排卵検査薬で失敗するテスターが多い人は、使い方を直してみるのも一つの方法です。
使い捨ての方がゴミが多くでるというデメリットがありますが、いちいち洗う必要もないので、処分は便利ですね。
面倒くさがり屋の人は使い捨ての方が良いと思います。
私の妊活している友達なんかは、基礎体温を付けるのが面倒だって、いつも言っています。
やっぱり基礎体温は毎日決まった時間につけないといけないので、うっかりして忘れてしまうと、やる気がなくなってしまいます。
そういう場合は、本当は自動記録してくれる婦人体温計を使っていると、多少楽なんですけどね。
ちょっと婦人体温計の中でも、高価な部類に入りますが、それだけ基礎体温の記録が楽になりますので、かなりおすすめです!
面倒くさがり屋で、基礎体温の記録に挫折してしまいそうな予感がある人は、是非ちょっとお金をかけても良い婦人体温計を購入することをおすすめします!

 

仕事をしながら妊活を続けることは難しい!

 

仕事をしながら妊活を続けることが難しいと感じている女性は沢山います!
特に人工授精や体外受精で通院が始まると、男性も仕事を休んだりして協力しないといけなくなるので、すごく男性の負担も大きくなってきます。
共働きで働いている女性も、当然負担が大きいですが、不妊治療は出費も高いので、やっぱり共働きじゃないと、捻出できないっていう人もいますね。
ただ、経済的な問題がなければ、女性だけでも仕事を辞めた方が、良い場合もあります。
ストレスが減りますからね。
妊娠ブログを見て排卵検査薬を使うきっかけになったという人も多いですけどね。
私も最初は妊娠ブログを見たのが排卵検査薬をつかうきっかけでした。
それまでは、排卵検査薬なんて、ちょっと敷居が高いように感じたので、挑戦しようとも思ったことがありませんでした。
でも、ネットでも海外の安い排卵検査薬が出回っていて、妊娠ブログでよく登場していたので、「3000円くらいだったら挑戦してみようかな」って思ったんです。
これが3万円とか4万円だったら、挑戦しませんでしたけどね。
人には言えないけど、密かに妊活したいって思っている人には、ワンステップ排卵検査薬によるタイミング法はやっぱり試してみるべきだと思います。

 

妊活ブログが妊活のきっかけに!

 

妊娠ブログをしている人の多くは排卵検査薬を使ったタイミング法を実践している人が多いですよね。
そのため、妊娠ブログを見ていると「私も排卵検査薬を使おうかな」って思うんです。
子供が欲しくても、何年も出来ないと、やっぱり焦る気持ちが出てきますからね。
妊娠ブログで実際に妊娠したと聞けば、やっぱり同じ排卵検査薬を使ってみたいと思います。
子供が欲しい人っていうのは、やっぱりそれくらい切羽詰るものだと思います。
そして、これから妊活を始める人で、40代の人は、厳しい現実を知っておく必要があります。
40代での自然妊娠の確立は10%にも満たない事!
40歳で5%、45歳にもなれば1%になると言われています。
つまり、45歳前後になると、一般的には自然妊娠の確率がほぼ0に近くなってしまうのです。
排卵検査薬は、自然妊娠のサポートをすることが目的なので、自然妊娠の確率が低くなってしまう40代の妊活者が使用しても、あまり期待ができません。
そのため、自分で自己流のタイミング法に挑戦するよりも、まずは病院に行って、医師からのアドバイスを貰うことをおすすめします。
模試も納得が出来ないのであれば、セカンドオピニオンを使っても良いと思います。

 

 

妊活に対してあんまり積極的なタイプではないパートナー

うちは夫が妊活に対して、あんまり積極的なタイプではありません。
そのため、夫に内緒で妊活できるように妊娠ブログに登場する排卵検査薬を欲しくなってしまいました。
妊娠ブログで排卵検査薬を使ってタイミング法を試した結果、見事に赤ちゃんを授かった人って少なくないですからね。
やっぱり排卵検査薬は個人差があると思いますが、通院しないでタイミング法を試すのであれば、市販の排卵検査薬が一番手軽だと思います。
でも、妊活中は旦那さんとケンカしたことあるっていう人、たまに聞きますよね。
妊活に元々協力的ではない男性だと、やっぱり仕事をしながらの妊活っていうのは、精神的にプレッシャーがかかってしまい、ストレスを強く感じる場合もありますね。
女性の場合でも、仕事をしながらの妊活はきついと思って、退職してしまうこともあります。
女性は妊活のために、仕事を辞めることが出来ますが、男性の場合は、やっぱり仕事を辞めることはできないんですよね。
だからこそ、仕事が忙しいのに、妊活のプレッシャーをかけられてストレスになってしまうと、男性からしたら、余計な面倒が増えるだけで、積極的には応援する気持ちになれないっていうのもわからなくもないんですよね。