妊娠・出産インタビュー

 

お話しを伺ったCさん(28歳)は女の子2人のお母さん。旦那さんも同席の上お話しを聞かせてもらいました。

 

テーマ タイトル
男性には当たり前に妊娠して出産しているように見えるかもしれないけれど、全然当たり前じゃない。

 

妊活期間

 

♯二人目妊活 ♯生理周期アプリ ♯排卵日

 

 

折角旦那さんもいるので二人にお聞きしたいんですけど、二人の妊娠はどれくらい計画的でしたか?

 

上の子はすぐにできました。ほんとすぐ。まだ若いししばらくできなくて良いかって考えてたんですけどね。まさかそんな簡単にできるとは思わないでしょ?でもできた。

 

で、一人目を生むとだんだん、二人目はどれくらいの時期に欲しいとかって考えるようになるんだけど、それがなかなかできないんです。けっこうみんなそうみたいだけど。

 

だいたい子どもが二歳越えてくるころから、周りからもそういう話されるようになるのよ。うちも何だかんだ周りの圧力みたいなのがあって…、そろそろかい?とか。

 

あんまり長くなったら逆に聞きにくさの方が先に来るから何も言われなくなるみたいだけど。

 

それで、これもけっこうみんなそうらしいんだけど、もういいかって思ったらできるの。諦めようくらいに思うとできたりするの。

 

へえ、それってよく聞く話ではあるけど本当に本当なんですか?

 

いやあ、どうなんだろう。でもできたもん。(笑)
あんま気負ってない方が良いって言うか、あんまり考えないでリラックスっていうのは無関係ではないと思うなあ。

 

うちは何だかんだ、妊活期間と言えば1年くらいかかったかなあ。

 

妊活期間中に何か、工夫のようなものはしましたか?例えば一般的なのは排卵検査薬を使うとかだと思うのですが。

 

あー、一応生理周期とか入力したら排卵日が分かるアプリとかは使って、あと私は排卵痛があるから、まあ何となくその辺りで…ってことはしましたけど、それ以外はあまり。

 

それにやっぱ「今日排卵日なんだよね」みたいな感じもアレじゃないですか。まだそんなに切羽詰まってたわけでもないし、義務的になるのも嫌だから、その辺はなんか雰囲気で、ですね。

 

だいたい毎回排卵日辺りでできたと思うんだけど、排卵日だからってできるわけじゃないってことは思い知りました。

 

ちなみにそういうアプリの排卵予定日と、排卵痛の時期って一致するものですか?

 

ああけっこう合ってますよ。不思議なものだけど。

 

へえ、不思議。生理周期が安定していればけっこう信用できるってことでしょうか。
それで、妊活期間と言えばだいたい一年っておっしゃってましたよね?一般的にはそんなに長くはないのかな?

 

何だかんだ一年くらいですね。確かにそんなに長くない方だと思うけど、やっぱりできないなって思う期間はあって…、あと、その間に一回流産してるんです。

 

流産すると次できやすいって聞くけど、ほんと、下の子はその後すぐできた。

 

諦める頃にできたり、流産を経てできたり。周りにもそういう経験してるママは多いかも。

 

流産ですか。それは、時期的には…いつくらいというか、どのくらいのときですか?

 

ほんと初期の頃です。まだ心拍も確認できないくらいのとき。

 

痛いの!一人産んでたからまだマシだったのかもしれないけど。
なんかぼっこみたいの突っ込まれて、すごい痛いの。

 

多分ほんと私はまだ良い方で、もう少し進むと本数が増えるらしくて。ぼっこの。

 

精神的にも辛いのにその痛みって…。手術のあとの具合の悪さとか。うん、旦那はよく覚えてないと思うけど。

 

♯妊娠に関する 痛み・恐怖

 

妊娠とか出産って痛いことだらけだと思うんですけど、怖くなったりしないんですか?男性の身としては、一度妊娠や出産を経験して辛い思いしているのに、よく二人目作ろうって思うよなと思うのですが。

 

怖くは、ないですね。普通?普通です。(笑)

 

多分父親との違いはそこにあるっていうか、母親はそういうところ絶対的っていうか。

 

あ、でも二人目はけっこう平気なんだけど、三人目は怖いって聞いたことあります。なんか、冷静になり過ぎて。

 

二人目はこうなったらこうなって、次はこうなってって何となく分かるから一人目のときより余裕ある分冷静になれるけど、三人目は分かり過ぎて、冷静すぎて怖いって。

 

あと陣痛の真っただ中のときは、これいつまで続くのかなっていう怖さはありました。一人目は4~5時間で、二人目は1時間半くらいで生まれちゃったから、どっちも安産なんだけど。

 

二人目は「今日生まれるんじゃない?」みたいな話ししてたんだよね。生まれたのはその次の日で、夜中に陣痛が始まってから急いで病院行って、着いて間もなく生まれました。ギリギリでした。移動中に破水しちゃってたら大変。

 

上の子には立ち合わせるつもりはなかったんだけど、親が病院に到着する前に生まれちゃったからなし崩し的に立ち会わせる形になってしまって。

 

上の子怖がらせちゃいけないと思ったし、しかも普通の病室で産むことになったもので――小さな病院だったからか分娩室開いてなかったみたいで――声出しちゃいけないって思って黙って産んだ。

 

 

黙って産んだ?(笑)黙って産めるんですか…。

 

うん、でもあんまり早いのもダメみたいで。
子宮の戻りが遅くなっちゃうから子宮の収縮剤みたいのいつの間にか打たれてて、このときはそっちの方がすごく痛かった。なんか打たれたなってことは分かったんだけどそれが子宮を戻す薬で、知らないうちに。痛みに耐えつつ、これ問題じゃないの?って思いながら。(笑)

 

出産時間短いと問答無用で打たれるんですかね(笑)。あ、あと問答無用と言えば、気になっていたことがあるんですけど、会陰切開って本当にするんですか?

 

しない。というか私はしなかったです。助産師さんが上手とかそういうのも関係あるのかもしれない。総合病院とかだったらするのかも。避ける方が大変だから、先に切っちゃう。その方がうまく縫えるし、治りも早いから。

 

でも切られても多分痛くないですよ?たぶん痛くないと思う。

 

私のお母さんは会陰切開したって。ねえ、お母さん切ったよね。

 

―Cさんのお母さんにお話を聞く―

 

お母さん:ブチーンって切られるんだよ。

 

Cさん:でもそんなに…

 

お母さん:痛くないの。すっごい熱いのよ?下半身は熱いんだけど、それどころじゃなくて。…感覚がなくなるの。

 

Cさん:うん、多分陣痛、っていうかお腹の方が痛いと思う。骨盤の中に大きなかたまりがあるみたいな…。んー、男も一回産んでみたら良いんだ。

 

♯周りの理解 ♯妊婦への気遣い ♯出産に対する男性の意識

男性にしたら当たり前に妊娠して当たり前に出産してるように見えるかもしれないけど…。

 

男の人って理解しづらいですよね。

 

でも一回子ども産んでみてほしい。産んでみたら良い。

 

なんか当たり前に妊娠して当たり前に出産してるように思うかもしれないけど、そうじゃないんだよなって思う。

 

産む立場じゃないから分からないのかもしれないけど、おじさんとかでいるよねあんまり気遣ってくれない人いるよね。

 

正産期に入ったらもういつ生まれるか分からないから旦那もお酒飲まないでみたいなのあるけど、飲み屋さんなんかだとおじさん方に酒すすめられて、いやもう産まれるんでって言っても、大丈夫だってみたいな。そんな早く産まれるわけねえべや、みたいな。

 

旦那も一回だけ飲まされて帰ってきたことあって、すごいイラッとしました。

 

あーそれは確かに回りが理解しないとダメですね…。実際Cさんの下のお子さんのようなケースもあるから、すぐに車出せないって状況になるともう間に合ってなかったってことだから。

 

最悪実家あるから、って旦那は言うけど、だからそういうところが腹立つわけさ!(笑)
いるから良いじゃんじゃないんだよ。最悪はそりゃそうなんだけどさ…。あなたの子ですよって話ですよ。

 

まだうちは一回だけだったし時期的にもそんなにだったから良かったけど、仕事柄断れないとか、性格的に断れないみたいなことがあったら最悪のケースも考えられる。

 

でも周りはあまり子どもが産まれるってこと意識してないからお酒すすめちゃったりしちゃう。

 

確かに、男性は子ども産めないし、妊娠とか出産のこと完全に理解するのは難しいけど、ある程度の意識と意識は周りも必要ですよね。難しいところです。

 

ほんと、だから一回男性にも子ども産んでみて欲しいですよね(笑)。