産み分けの為には基礎体温を測って排卵日を確実に。

 

通常、排卵日は生理が始まった約二週間ほど前に来ています。月経の周期を知ることで大まかな予測することは可能ですが、体調不良や日々のストレスなどでずれることがあります。そこで基礎体温を計ることでより正確な排卵日を予測することが可能です。

 

基礎体温とは、就寝後目が覚めてから起き上がる前に寝たまま計った体温のことです。体温を測ることで妊娠しやすい期間を予測できます。

 

成人女性は、排卵後黄体ホルモンと呼ばれる妊娠を助けるホルモンが分泌され、これが体温をわずかですが上昇させます。

 

女性には月経が始まった時に体温が下がる低体温時期と、排卵によって体温が上がる高体温時期があり、おおよそ一ヶ月周期でこれを繰り返しています。個人差はありますが最も低体温になってから数日の間に排卵日がきている可能性が高いとされてます。

 

毎日グラフなどでわかりやすい記録をつけて、自分の基礎体温の周期を把握することで、排卵日を知ることができます。

 

正確なデータを残すためには、市販されている一般的な体温計ではなく、0.00℃単位で測ることが可能な婦人用の体温計を使う方が良いでしょう。

 

妊娠しやすい時期というのは、排卵日の二三日前後と言われています。