産み分けには基礎体温と排卵日が。

 

 

赤ちゃんは天からの授かりものと言えども、出来れば男の子、女の子と希望がある人もいると思います。その際、産み分けとして排卵日が大きく関わってきます。

 

というのも精子には男の子になる精子と女の子になる精子があります。

 

このうちどちらかが卵子と受精することで性別が決まるのですが、膣内と子宮内の性質によってどちらかの精子が残りやすい、と言われています。

 

男の子になる精子は酸性に弱いので、膣内と子宮内がアルカリ性の時に受精すると男の子が出来やすいとされています。逆に女の子が欲しい場合は膣内が酸性の時に性行為を行うことで女の子の精子を多く残すことが出来、女の子が出来やすいとされています。

 

 

では性質はどのようにして決まるのかといえば、排卵日で、これを迎えると膣と子宮はアルカリ性になり、おりものが酸っぱいに臭いになるのはそのためです。

 

つまり排卵日に性行為を行うことで男の子、排卵日の2~3日前に性行為を行うことで女の子がそれぞれ出来やすくなります。そして排卵日を知るためには基礎体温を付けることで自分の生理から排卵の周期を知ることが出来るのです。

 

基礎体温は毎朝、同じ時間に測るので、思いのほか大変な作業です。しかし産み分けを考えているなら、そういった努力をすることも1つ重要なことかもしれません。

 

 

また産み分けは確実性があるのではなく、確率を上げることだということも知識として大切かもしれません。