排卵日で男の子を産み分けるには

 

男の子を産み分けるには、性交渉を行うタイミングを排卵日にすることが重要です。

 

精子の中には男の子になるY遺伝子を持ったものと、女の子になるX遺伝子を持ったものがあります。同じ精子であってもY遺伝子を持った精子とX遺伝子を持った精子では特徴が全く異なるため、この特徴を知った上で性交渉をすることが産み分けのためには重要なポイントとなります。

 

男の子になるY遺伝子は酸性に弱くアルカリ性に強いという性質があり、寿命が1日と短いのが特徴です。通常子宮の中はアルカリ性なのですが、膣の中は雑菌や悪玉菌の繁殖から守るために酸性に傾いています。

 

しかし排卵日が近づくと膣もアルカリ性に傾いてきます。X遺伝子は酸性には強いのですがアルカリ性に弱く、寿命が2~3日と長いのが特徴です。

 

また、女性が満足すると膣内は余計にアルカリ性に傾きます。

 

これらを考えると、男の子を産み分けるのに一番適しているのは、Y精子が生き残りやすいアルカリ性に膣や子宮が傾いている排卵日当日に、女性が満足する性行為を行うこととなります。そのためには女性だけではなくパートナーである男性の協力も必要不可欠となります。

 

また、排卵日までに数日間男性が禁欲をすることで精子の数が増え、妊娠しやすくなるとも言われています。