排卵検査薬で朝一のチェックは避けるべき!

 

排卵検査薬の測定時間帯は朝一を避けるべきってよく言いますよね~。
排卵検査薬は測定時間帯によって判定が変わることがたびたびあるので、尿の濃度が濃くなっている朝一番の尿はできるだけ避けた方が良いと指摘されています。
やっぱり正確な判定をするのには、排卵検査薬の測定時間帯も大事な部分になってきます。
もしも朝一で「偽陽性が出たかな」と思った場合は、もう一回時間を空けて、2本目でチェックしてみるといいですね。
30代になってくると、やっぱり女性は仕事と家庭、どっちをメインにしないといけないのか、選択を迫れるようになってしまいます。
出産のタイムリミットは待ってくれないし!
やっぱり子供を生むんだったら、30代がラストチャンスなんだろうなっていうのは、自分でもわかると思います。
でも、せっかく順調な仕事のキャリアに穴を空けて産休を取るっていうのが、仕事を好きな人にとってはすごく大きな憂鬱になったり!
色々な問題が訪れるので、やっぱりすんなりと妊活に専念しますとは言えません。
仕事をしていない女性は、妊活をすぐに選択できても、やっぱり仕事が好きな人にとっては、本当に運命を左右する問題だと思います。
こういう時って、女性の方が男性よりも損だなって思いますね。

 

排卵検査薬でチェックを避けた方が良い時とは?

 

排卵検査薬で避けた方が良い測定時間帯というのは特になく、強いていうのであれば『寝起き』や『暴飲した後』です。
寝起きは長時間トイレに行かないことで尿の濃度が濃くなり陽性反応は出やすく、暴飲で水分を取り過ぎてしまうと、今度は尿が薄まってしまい本当だったら陽性になるはずなのに陰性になってしまうことがあります。
そのため、朝一番と暴飲後の測定時間帯は排卵検査薬を使わないようにするのが一つのポイントになってきます。
でも、妊活を成功させる一番の秘訣は、やっぱり心にゆとりを持つことだと思います。
仕事をしている時には、残業などの不規則な生活に加えて、精神的なストレスから全然子供が出来なかったという知人がいます。
でも、仕事を退職したら、あっという間に赤ちゃんが出来てしまったということもあるので、やっぱりあんまりにも仕事のストレスがきつい職場で働いている人は、妊活では大きな障害になってしまうのかなって思いました。
男性も女性も、共働きですごくストレスを感じている人が多いので、少しでも気持ちをゆったりもって、お互いに優しく接することが出来ると良いですね。
タイミング法だからって、「ちゃんと協力してよ!」って、相手にきつく当たるようだと、相手も嫌になってしまいますからね。

 

妊活は意外に時間がかかる!

 

妊活を始める時は、「すぐに子供が出来てしまったらどうしよう」なんて密かに思っていました。
ところが、2カ月経っても、3カ月経っても、全然妊娠できない。
そうなってくると、逆に「あれ?私って、タイミング法でもダメなのかも?」って、逆に不安になってくるんですよね。
排卵検査薬は基本的にいつ使っても良いと言われてますが、朝一番の尿がでる測定時間帯だけは排卵検査薬を試すのに避けた方が良いと指摘されています。
朝一の尿っていうのは、夜に一回もトイレに行っていないこともあり、長時間の溜めていたおしっこが出るので、前日のLHホルモンの影響を受けることがあるのです。
そのため、尿の濃度が濃くなっているので、正しい判定ができなくなってしまう可能性があります。
やっぱり排卵検査薬で半年くらい使っても妊娠できないと、そろそろ本気で不妊について考えるようになってしまいます。
もしもタイミング法で妊娠が出来ないとなると、今度は人工授精のステップに進まないといけなくなってしまいます。
人工授精は1回2、3万円前後で、多くの人が6回程度を目安に挑戦します。
でも、やっぱり人工授精になる前に、なんとかワンステップ排卵検査薬で子供が出来ればいいやって思っている人の方が多いですよね。

 

排卵検査薬を使用する時に良くない時間帯とは?

 

排卵検査薬を使う時に測定時間帯があまり良くないと言われているのが、『朝一』です。
朝一の尿は、前日のLHホルモンの影響を受けて、陽性になったりすることがあるので、正確な判定が期待できません。
やはり起きてから2番目の尿が出るくらいの測定時間帯が排卵検査薬にとっては一番良いようです。
もしも朝一の尿で排卵検査薬を試した結果、判定に納得がいかないのであれば、夕方くらいにもう一本試してみることをおすすめします。
でも、何回も排卵検査薬の失敗が続くと、本当に凹んできます。
失敗はやっぱり妊活を続けようと思う気持ちが薄くなってしまいますね。
特に出産のタイムリミットが迫る40代になってくると、もうタイミング法で時間を沢山かけているわけにはいきません!
少しでも早く妊娠することが大事になってきますので、やっぱり体外受精などにいきなりステップアップすることも大事になってくると思います。
20代から妊活するのと、40代から妊活するのでは、全くステップの進度も違ってくると思います。
40代からの妊活の方が、もう迷っている時間はないので、出来るだけ早く病院へ行くことの方が大事かもしれません。
排卵検査薬によるタイミング法は、やっぱり20代や30代メインの妊活方法かなって思います。

 

 

妊活が仕事と同時だと上手く行かない

 

せっかく仕事を覚えて楽しくなってきたのに!
妊活が仕事と同時だと上手く行かない人っているんですよね。
仕事が好きだけど、仕事をしている生活が不規則で、なかなか妊娠できない先輩が、最終的に出産のタイムリミットを考えて、40目前に仕事を退職した時には、本当にびっくりしました。
やっぱり、ギリギリまで、考えていたけど、どうしても子供が欲しいと思ったんですって。
排卵検査薬は測定時間帯によって、結果が違ってくると言われています。
そのため、偽陽性の反応が出やすいと言われている朝一番の測定時間帯は排卵検査薬を使う時にはあんまり良くないと言われれいますね。
偽陽性っていうのは、本当は陰性なのに、何らかの影響によって陽性反応が間違って出てしまうことです。
これは尿の濃度が濃い時に表れやすいエラーで、特に朝一に多いと言われています。
正確な判定を希望してる人は、出来るだけ朝一はやめるように指摘されているそうですね。
おまけに排卵検査薬は1日に複数回利用した方がタイミングが取りやすいそうですし。
仕事をしているような人は、妊活を優先する生活が出来ないので、やっぱり不妊で悩んでいるんだったら、辞めてしまうのも仕方ないのかなって思いました。