不妊治療の期限

 

自分の中で決めていることがあります。
それは、45歳で不妊治療をやめるということ。
逆に言えば、45歳までは不妊治療をがんばるということです。

 

今が40歳。あと5年もある。がんばろう。
私が不妊治療を始めたのは38歳の時です。
結婚したのは36歳で結構遅めですよね。
バリバリ仕事をしていたり、旅行を楽しんだり。
一人が居心地がよかったのかズルズルと独身生活を楽しんでいました。

 

このことには全く後悔していません。
不妊治療をしている方は、「あと○年若かったら・・・」「もっと早く治療をしていたら・・・」
とよくいわれます。
確かにその通りだと思うんです。
35歳からは高齢出産になり、染色体の異常も増えてきます。
それだけリスクがあがってしまうということになります。
妊娠するのも出産するのも、早い方がいい。

 

でも私は、とっても楽しい30代を過ごしていたので後悔できないんです。
本当に毎日充実していましたから。
不妊治療をするようになって、この歳で妊娠して出産して体力大丈夫かな。
と思うこともあります。

 

妊娠することへの不安。出産することへの不安が常につきまとっています。
そんなことを考えていたら、こんな歳になってしまいました。
きっと周りの治療をしている方たちよりもかなりゆっくりペースです。
焦らず、自分らしく。
後悔しないように治療をがんばっていきたいと思います。