不妊治療と漢方

 

漢方による不妊治療というのは基礎体温の測定が非常に重要なポイントになります。
基礎体温表に従って、女性の身体がどのようなリズムになっているのかを把握しておかなければなりません。

 

月経期、卵胞期、排卵期、そして黄体期の段階にそれぞれ分かれているのです。
時期において効果の期待することができる漢方をしっかりと服用することが重要になります。

 

本来身体に備わっているリズムに戻して、妊娠をしやすい身体を作るというのが非常に重要になるのです。
また、一人ひとりの体質や基礎体温表によって使用する漢方を変えることがなによりも重要になるのです。

 

西洋医学の場合には不妊に対してはホルモン量や子宮卵巣機能の変化を観察することで対処するのが一般的です。
しかし、漢方の場合には基本的な考え方として体全体の状態を見て原因を探り、対処していくことになります。

 

身体の本質的な部分を改善することで子宮や卵巣に新鮮な血液がしっかりと届くようになるのです。
漢方の不妊治療効果というのは子宮や卵巣を赤ちゃんが育ちやすい環境にするのです。

 

つまり赤ちゃんを育てる母体づくりが重要になるのです。
肥満気味の人は体重を減少させなければなりませんし、余分な脂肪をしっかりと除去するようにしましょうね。